キシリトール

こんばんは。獣医師の落合です(^^)

 

夜間の病院で仕事をしていると、ゴハンではないものを食べて当院を受診する方が多く見られます。

いままでも、長ネギやチョコレート、ヘアゴムなど様々な異物を紹介してきましたが、今回はキシリトールを紹介します!

 

キシリトールは虫歯予防としてガムなどに含まれる人工甘味料です。人にとっては有用なこの成分ですが、動物が食べてしまうと大変なことに!

食べた量によりますが、中毒症状として消化器症状、低血糖、肝障害が起こります!

 

消化器症状:嘔吐、下痢

低血糖:軽症→元気低下、ふるえなど

重症→ふらつきなどの運動失調や意識障害など

やばい→痙攣発作や昏睡状態。

肝障害:肝臓の機能が低下し様々症状がでます(症状は多岐にわたる為今回は割愛します)

 

誤食から1時間以内で嘔吐や低血糖症状が見られ、24時以内に肝臓の数値が上がります。

症状は数日間続くこともあります。

 

中毒量はその子によってバラバラですが、体重5Kgあたりキシリトールガム4,5粒程です!

 

誤食してしまったらすぐにかかりつけの動物病院様を受診してくださいね!