バレンタインデー→チョコレート誤食の日

こんばんは、院長の小吹です(^^)

以前からチラリホラリとお話をしていましたが、今日はバレンタインデーですね(^^)

そんなこんなで、今日は日本中のワンニャンがチョコレートと遭遇する機会がグッと上がる日です。

なので、今日はチョコレート中毒について、少しお話します。

 

チョコレート、結構犬猫にとってもおいしいみたいでして、よく食べちゃうワンちゃんはいます。

正直、ミルクチョコレートならば、すこーし食べたくらいでは大事に至らないことが多いです。(→それでも油断しないでくださいね)

しかし、ブラックチョコレートのようにカカオ~%と書かれているような苦いチョコレートに関しては、

中毒の原因となる物質も多く含まれているようなので、この手のチョコレートの誤食にはより一層の注意が必要です。

 

チョコレート中毒の症状としては、

興奮や活動過剰、運動失調や下痢嘔吐などがあり、重症例では痙攣発作などを起こして命にかかわることもあります。

 

『この種類のチョコレートは~gまでなら絶対大丈夫』、とか、『症状が出てから病院に行こ~』、とかはナンセンスです。

まず第一に気を付けることは、

①動物の口や手の届く範囲にチョコレートを置かないこと→そもそもチャンスを与えない

②食べてしまったら、中毒症状が出るまえに手を打つこと→病院受診

です。

 

今年のバレンタインデーが、平和であることを祈っています(^^)

 

スタッフの動物のざらめちゃんとくっくちゃんの競演です。

 

 

 

それでわ!