胃拡張胃捻転症候群

こんばんは、院長の小吹です(^^)

 

今回は、『胃拡張胃捻転症候群』という疾患について触れたいと思います。

 

ネコでも稀におこるそうですが、私は経験したことがありませんし、ネコの飼い主さんはあまり気にしなくてもいい疾患です

 

ワンちゃんでは発症します、突然、なんの前触れもなく、以下の症状が認められたら要注意です

 

・吐きたそうで吐けない

・オエェ~~ってするけど泡しか出ない

・お腹が膨れてきている

・上記に加えてソワソワ挙動不審&流涎、ぐったり

 

発症しやすい犬種は、

・大型犬

・ミニチュアダックスフンド

・その他胴長の犬種や胸の深い犬種

 

たとえば、バセットハウンドという犬種も比較的胃拡張胃捻転症候群を起こしやすいと感じております

 

 

 

 

 

 

この子も、胃拡張胃捻転症候群を発症して先日当院に来院されました( ;∀;)

その後、お耳の血管から点滴を受けつつ、そのまま手術となりました

 

 

 

 

 

 

このように、早急に治療を行わないと命が危ない疾患ですので、

もしご自宅のワンちゃんで症状に気がついたら、はやめに行動してください(‘◇’)ゞ

 

よろしくお願い致します!!

 

それでわっ