呼吸というものは命に直結します

こんばんは、院長の小吹です(^^)

突然ですが、みなさん、今呼吸していますか?

おそらく、ほぼ100%の方が呼吸をしていると思います。

(もしかしたら呼吸していない方も見て頂けているかも、それはそれでありがとうございます。)

 

そう、生きていく上で『呼吸』というものは『必須』なんです

どんなことも続かない三日坊主の人でも、この呼吸だけは生まれたときからサボることなく継続していると思います

 

そんな呼吸ですが、ときに苦しくなってしまうことがあります

原因は、

肺水腫、気胸、膿胸、肺挫傷、横隔膜ヘルニア、肺腫瘍、肺高血圧症、肺炎、、、etc

 

まだまだあると思います、いろんな病気・疾患が原因で呼吸が苦しくなることがあります

そんなとき、できることは、

 

『すぐに動物病院にいくこと』

 

これは昼夜を問わず、意識したいことです

呼吸が苦しい=命が危ない

そういった意識を、一般の飼い主様たちに強くもってもらいたいと思います

 

日中であればかかりつけの先生に相談を、夜間であれば当院に是非ご相談ください(‘◇’)ゞ

 

まぁ、そんな事態になる前に対処したいところではありますけどね(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

写真は、肺水腫で当院に入院していたMダックスの子です

先日、なんとか無事に退院できました(^^)

 

それでわっ